血液型×相性

O型は束縛したらダメ!自由に愛そう

O型のパートナーを持っている人は、優柔不断でのんびりとした気質が好きなところであると同時に、イライラすると答えることが多いです。たしかに、4つの血液型の中ではもっとも大らかでのんびりした性格ですからね。束縛を何よりも嫌い、自分らしくのんびり生きるのが好きなO型とうまくやっていくには、お互いを尊重し、自由に愛することが大きなポイントとなるのです。

自由で束縛を嫌うのがO型のパートナー

どの血液型よりも束縛を嫌うのが、O型です。パートナーがO型ならば、決して自由を奪ってはいけません。自由に振る舞えないと分かった途端、皆さんのもとを去っていってしまいます。それだけ、O型にとって自由が大切で束縛は大嫌いなことなのです。それは、いくら大好きな相手に対してもなのです。

O型のパートナーを持つのなら、いつも一緒にいたいとか一緒に過ごしたいと考えることすら危険です。なぜなら、O型は自分の時間を大切にする人が多いからです。もちろん、2人で過ごす時間を否定されるわけではありません。ただ、パートナーと過ごす時間以外に、自分の時間を楽しみたいと思っているだけです。

そのため、束縛の強い相手とは長続きしません。O型のパートナーとうまくやっていくには、自分の趣味があったり自分の時間をひとりで過ごしたりすることもができることが条件となるでしょう。いつでも恋人の楽しさを味わっていたいタイプには、O型のパートナーは厳しいかもしれませんね。

セックスも強制されると萎える

たとえば、セックスも絶対しなければならないとか、するべきだ、などと強制されることを心から嫌います。好きな相手から要求されても、強制されることは意に添いません。そため、急に気持ちが萎えてしまうのです。けっして相手のことが嫌いになったわけではなくても、嫌気が差すのですね。

そのため、O型のパートナーに対してセックスを強制することは何が何でも避けなくてはいけません。ひとたび、この人はセックスを強制したり束縛したりする人だという考えを植え付けてしまうと、将来的に亀裂が入る原因となることがあるので注意してください。

お互いを尊重し自由に愛そう

O型のパートナーは、自由に大らかに愛することを希望し、自分でも実行します。たとえセックスに対して淡泊なときがあっても、相手を嫌いとか興味が無いということではありません。自由な考えで、気持ちの動きに合わせてセックスをしたいだけなのです。性欲が無いわけでもないので、安心してください。

O型のパートナーと長くいい関係を築きたいのなら、わがままばかり言ったり束縛をしたりしてはいけません。セックス以外の方法でも、愛情確認できるようにしましょう。お互いを尊重し、自由に愛することができるようになれば、大きな強みになります。別れにくい安定した関係になることも夢ではありません。

まとめ

O型は、何よりも自由を望みます。おおらかな性格ゆえに、束縛されるのも嫌がるのです。O型のパートナーとうまくやっていくには、お互いを尊重して愛していくことが必要不可欠と言えるでしょう。4つの血液型の中でも、もっとも自分らしさを追求するO型のパートナーは、自主性を認めてあげると喜びます。多少の気まぐれはありますが、どんな血液型とも相性が良いため素敵な恋人になることは間違いないでしょう。