全ては「O型」から始まった

私達人間の祖先にあたる「クロマニョン人」には「O型しかいなかった」ことをご存じでしたか?今となっては4種類存在する血液型は、古代人達が「交配」と「突然変異」を繰り返し、増え続けてきたのです。

「オールドタイプ」だからO型

あなたは「クロマニョン人」という言葉を聞いたことがありますか?歴史の教科書を捲ればわかりますが、私達現代人の「祖先」にあたるのがクロマニョン人です。そんなクロマニョン人は「O型しかいなかった」ことが研究によってわかっており、全ての血液型は「O型から始まった」ということが言えます。

つまり、A型、B型、AB型は「O型の派生種」ということになります。具体的に言えば、O型が「突然変異」したものが上記の3種類であり、AB型に至っては異なる血液型同士の「交配」によって誕生したと言われています。AB型は全体の割合としては少数派の血液型ですが、人類の交配によって誕生したため、元々数が少ないのでしょう。

ちなみに、O型の「O」は「Old」の頭文字を取ったと言われています。「Old」には「古い」といった意味がありますが、全ての血液型のベースであり、最も古くから存在していたこともあって、Oldと呼ばれています。「オールドタイプ」と呼んだ方がわかりやすいかもしれません。

A型は「農耕民族」だった

O型が突然変異して誕生したのがA型です。古代、O型は「狩猟民族」であり、肉類を主に食べて生活していました。時代が進むと共に、食糧確保も狩猟から「農耕」に移り変わり、畑で作った果物や野菜を食べるようになっていきます。

肉食から草食に変わったことで、突然変異でA型が生まれ、現在のヨーロッパを中心に増え続けていきました。A型はキレイ好きで几帳面、神経質などと言われますが、農耕を生活の主とすることで、そういった性格に変わっていったのではないでしょうか。

B型の先祖は「遊牧民」

B型は現在の中近東やアジアに多く、「遊牧民」として生活していた先祖達が、突然変異によって発生しました。彼等は古くから「一つの物事に集中する」という特徴を持っており、B型がマイペースできまぐれと言われるのは、先祖達の影響が強いからでしょう。

AB型は「交配」によって誕生した「ニュータイプ」

上記の2種類は突然変異によって誕生しましたは、少数派であるAB型は人間同士の「交配」によって生まれたと言い伝えられています。現在の中東に多く分布し、血液型の中では最も新しい「ニュータイプ」でもあります。交配によって誕生したということもあり、AB型は天才肌が多く、A型とB型の「二面性」を持っていると言われています。

いかがだったでしょうか?血液型の歴史を振り返ると、教科書では解説されなかったルーツが見えてきたと思います。興味がある方はインターネットなどを使って調べてみましょう。より詳しい血液型の歴史を知ることができます。

Copyright© 血液型でわかる彼女とのセックスの相性 All Rights Reserved.