覚えておきたい血液型に関する「NGワード」

あなたは身の回りの人と「血液型トーク」をしたことがありますか?血液型の相性で盛り上がることもあれば、何気ない一言が「相手を傷つける」こともあるのです。今回は血液型トークで気をつけたい「NGワード」を紹介します。

B型は「自己中」と言われるのが大嫌い

血液型の話になると必ず登場するのが「B型」の話です。B型はマイペースかつきまぐれという印象がありますが、少しでも相手が勝手な行動を取ると「あの人は絶対B型」と決めつけてしまう人も少なくありません。

ただ、それを「自己中」と解釈してはいけません。B型は元々単独行動を好み、集団行動に馴染むのが苦手です。全員が回れ右をしても、それに合わせるかどうかは本人の気分次第なのです。そこに悪意はなく、自分の気分と判断を何よりも優先します。

それに対してA型を中心とする人間は、B型を「自己中」と批判します。協調性を重視し、真面目な気質を持つA型にとって、勝手気ままに行動するB型に不満がある訳です。よく「A型とB型は相性が悪い」と言いますが、気質そのものが合わないので、相性が悪いのも当然なのです。

とはいえ、そんなB型に自己中と声を掛けると、彼等は激怒します。もちろん自己中と言われたら誰もが怒りますが、B型はどの血液型よりもその言葉に敏感なのです。なぜなら、世間では「B型=自己中」というイメージが蔓延っており、その話題が出るだけでも彼等は不快な気分になるからです。

周りから見たら自己中と感じて仕方がないことでも、本人からしたら「普通」なのです。マイペースな行動も、全てはB型の気質がさせること。本人はいつも通りなのに、周りから自己中と批判されることが何よりの苦痛なのです。

B型を交えた血液型トークをする場合は、「自己中」はもちろん、「きまぐれ」や「自分勝手」という単語を出すのは止めましょう。何気ない一言でも、相手はそこに悪意があると捉え、間違いなく不快な思いをします。「マイペース」といった柔らかい言葉を使うようにしましょう。

「変わっている」という言葉が嫌いな「AB型」

AB型は天才肌であり、クセのある考え方を持っている人も多いです。彼等にかけてはいけない言葉として、「変わっている」が挙げられます。なぜなら、「AB型は変人が多い」というレッテルを貼る人が多いため、「変わっている=変人」と捉えてしまう人が多いからです。

また、「裏表激しいよね」という言葉も完全にNGです。二面性を持っている人が多いAB型ですが、やはり本人達も気にしている様子。持っていない人も同時に傷つけてしまうことになるので、このような発言は控えましょう。

O型とA型に対するNGワードは殆どありませんが、A型は「神経質」という言葉が嫌いなようです。O型は血液型コンプレックスを持っている人が少ないため、基本的には何を言われても気にしません。強いて言うなら「適当」と言われることが不満を持っているようです。

このように、各血液型には伝えてはいけないNGワードがあり、相手との関係を良好に保つためには、これらのワードを使わないようにする必要があります。これから血液型トークに参加した際は、NGワードを意識して会話するようにしましょう。

Copyright© 血液型でわかる彼女とのセックスの相性 All Rights Reserved.