テクニシャンなAB型男性

「淡泊男子」か「プレイボーイ」に分かれるのがAB型の特徴です。愛に溺れやすく、「傷つきやすい」繊細な一面も。ここでは天才肌で芸術家タイプのAB型らしい、他の血液型とは違った恋愛観を紹介します。

恋愛に対して「真剣」なAB型男性

AB型男性は恋愛に対してとても真剣です。「この人で本当に良いのか?」、「裏切ることはないか?」といったことを常日頃から考えている人が多いです。そこには「絶対的なやすらぎ」を求めるAB型としての気質があり、100%信じられるパートナーを見つけることが、彼等の最終的な目標なのです。

とはいえ、理想にマッチする女性は世界中探しても一握りしかいません。少しでも理想から外れたり、自分自身を傷つけられると、「気分はどん底」に落とされます。AB型は恋愛に対して真剣に考えている反面、とても「繊細」で、相手女性の言葉一つで身動きが取れなくなってしまうのです。

これは天才肌であり、芸術家タイプの気質を持つAB型ならではといって良いでしょう。「感受性」がどの血液型よりも高いので、「相手の気持ちを深読み」してしまうのです。本人にその意思がなくても無意識で考えてしまうため、自分で自分を傷つけてしまいます。

だからこそ、自分の全てを任せられるパートナーを探しているのでしょう。繊細な気質故の苦しみですが、それを和らげてくれる女性こそが、AB型男性には必要なのです。

「淡泊男子」か「プレイボーイ」

セックスに対しては、まったくしなくても良いという「淡泊男子」か、常に求めている「プレイボーイ」に分かれます。同じ血液型なのにここまで正反対な男性がいるのは、AB型が「二面性」を持つ気質だからです。

元々セックスに興味がない人がいれば、セックスに命をかけている人もおり、「正反対な考え」を持っていることが特徴です。前者は趣味や仕事に打ち込んでいることが多く、後者は恋愛に命をかけ、「愛に溺れやすい」傾向があります。

一見すると前者の方が良さそうに見えますが、男女の恋愛という観点から言えば、「男として劣化」していることが言えます。カップルにとってセックスは大切な行為であり、AB型男性にその気がなくても、相手女性がセックス好むケースが多いです。セックスレス状態は長く続くと、恋愛関係が破綻してしまうこともあります。

そもそも、セックスに対して無頓着な男性は、ED(勃起障害)を患っている場合が多いです。本人は気づいていませんが、自分の下半身が元気にならないのは、病気が原因となっていることがあります。

その場合、男性専門のヘルスクリニックにて、バイアグラ等の治療薬を処方してもらうと良いでしょう。バイアグラを服用したからといって性欲が増す訳ではありませんが、下半身の機能持続をサポートしてくれる薬であり、高い安全性が認められています。

最近ではリーズナブルな価格で手に入るジェネリック医薬品も登場し、若い世代の男性でも気軽に手に取れるようになりました。セックスに対して積極的になれないAB型男性はEDの可能性があるので、まずはクリニックに足を運んで専門医に診てもらうようにしましょう。

Copyright© 血液型でわかる彼女とのセックスの相性 All Rights Reserved.