相性の良い血液型とは

「O型とO型は仲が良い」という話を聞いたことはありませんか?血液型診断の世界では相性の良い血液型の組み合わせがあると言われており、それを参考にして恋愛を楽しんでいる人も少なくありません。一体どの組み合わせの相性が良いのでしょうか。

各血液型の特徴

相性の良い組み合わせを紹介する前に、血液型診断における、各血液型の特徴を説明していきます。まずは「O型」ですが、「優しくて大らか」、「適当」、「惚れっぽい」といったことが挙げられます。恋愛面でいえばO型が一番人気であり、彼氏にしたい血液型ナンバーワンがこの型です。

A型は「几帳面」、「神経質」、「一途」といったことが言われています。「嫁にするならA型だな」という男性も多く、A型の女性は非常に人気があります。真面目で一生懸命なイメージがそうさせているのでしょう。

B型は「マイペース」、「きまぐれ」、「一人が好き」と言われています。よく「B型は自己中」と主張する人がいますが、傾向としてあるのは間違いないもの、それで人を決めつけるのはよくありません。B型は自己中でなくマイペースだということを覚えておきましょう。

AB型は「二面性」、「天才肌」、「不思議ちゃん」というイメージを持っている人が多いようです。いわゆるアーティスト系の血液型であり、常人では思いつかないような空想に浸っているのもAB型です。

「価値観が近い=相性が良い」

基本的に「同じ血液型は相性が良い」と言われています。その理由はとてもシンプルで、相手との価値観が近いため、一緒にいることが「苦ではない」からです。

例えば、度々話題になる「B型」ですが、B型は「マイペース」や「きまぐれ」といったイメージが定着しています。B型の男女がカップルとなった場合、「お互いがマイペース」なので、それぞれがやりたいことをやっています。

同様に、「A型」は「キレイ好き」、「几帳面」というイメージが定着しています。一緒に暮らしている部屋が常にキレイならお互いが満足し、居心地の良い空間を作ることができます。

同じ血液型同士は価値観が近いため、「利害関係が一致」することが多いです。利害関係が一致すれば、一緒にいるメリットが多くなり、最終的には「相性が良い」となる訳です。反対に、「利害関係が一致しない組み合わせ」は一緒にいることがデメリットでしかないので、友人あるいはカップルになってもうまくいきません。

相性が悪い組み合わせとして有名なのが「A型とB型」です。几帳面で周囲とのペースを大切にする「協調型」のA型と、マイペースで自由気ままに行動したい「単独型」のB型では、「優先すべきこと」が明らかに異なります。

正反対の考えを持っているA型とB型がうまくいくのは難しく、付き合っていくためには「どちらかが折れる」ことが必要になります。その場合、大半はA型が折れ、相手に合わせているようです。

いかがったでしょうか。ここでは血液型の相性について簡単に触れましたが、性別を踏まえていけば、より具体的な相性を導き出すことができます。とはいえ、相性で完全に決めつけるのはマナー違反、あくまで参考程度に留めておきましょう。

Copyright© 血液型でわかる彼女とのセックスの相性 All Rights Reserved.