血液型別注意したい病気とは?

たった4種類の区別で自分の性格を診断されちゃあたまらない、など、血液型による性格診断に疑問を持つ人は少なくありません。しかし一方で、結構当たっている、無視できないという声が多いのも事実です。

この血液型別性格診断ですが、実は血液型によってかかりやすい病気があり、病気から身を守るための自己防衛本能として、ある種の性格的傾向が見られるのではないかという説があります。

免疫学者で『血液型の科学』の著者でもある藤田紘一郎氏の見解によると、血液型によって免疫力に差があり、このため血液型ごとに罹患リスクの高い病気が存在すると考えられているそうです。では実際に、どのような病気に注意したら良いのでしょうか。かかりやすい病気と、そこから来ると思われる性格について見てみましょう。

免疫力が弱いA型

A型の血液は、他の血液に比べて免疫力が弱いと考えられています。免疫力が弱ければ、風邪などの感染症やガンのリスクが高まります。
実際に、A型のガン罹患率は他の血液型と比べて高いというデータもあります。

感染症によるリスクを下げるため、A型の人は身の回りを清潔に保ち、さまざまな病気にあらかじめ備えるような段取りを整えているものと考えられています。

また、ストレスを溜めやすい傾向もあり、生活習慣病のリスクもやや高めとなっています。
気配り上手で、周囲に争いごとがおきないよう相手に合わせる傾向が強いのは、できるだけ周囲との軋轢を避け、ストレスを溜めないようにという無意識の行動ではないかと考えられています。

感染症に弱いB型

B型は、免疫力が高く、ガンに罹るリスクはそれほど高くありません。しかし肺炎や結核、サルモネラ菌による食中毒には弱いとされ、感染症には注意が必要なようです。

A型ほど徹底的に身の回りを清潔に保つことはありませんが、集団の中にいると病気のリスクを高めることになるため、あえて一人でいることを好む傾向が強いと考えられています。

B型のマイペースぶり、孤立傾向は、この辺りから来ていると考えられています。なお、ストレスには強く、ガンや生活習慣病のリスクは低くなっています。

胃酸過多のO型

もともとの狩猟民族時代の体質を今も残しているO型では、胃酸過多による胃潰瘍や十二指腸潰瘍にかかりやすいようです。O型の人は胃液の分泌が多いのです。肉食を主として来たO型の歴史ゆえに、肉を消化するために大量の胃液を分泌するという特徴があり、胃や十二指腸の粘膜に潰瘍ができやすいと考えられています。
免疫力は高く、ストレスにも強いため、ガンや生活習慣病には強いようです。

よく食べていつも元気、といった印象があるO型さん。食事をしっかり取らないと胃液により潰瘍ができるかもしれません。また、小事にこだわらずおおらかな印象は、高い免疫力とストレス耐性によって病気になりにくいためにもたらされる余裕からくるものかもしれません。

病気に弱いAB型

A型とB型の混血から生まれたとされるAB型では、両方の血液の弱い部分を合わせ持っていると考えられ、4つの血液型の中では最も病気にかかりやすい血液型となっています。

インフルエンザなどの感染症に弱いため、うつされることを嫌い、人との距離を保つようになったと考えられています。

もちろん、すべて当たっている訳ではないでしょうが、自分がかかりやすい病気を知っておくことで日頃から気をつけることも可能となりますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

Copyright© 血液型でわかる彼女とのセックスの相性 All Rights Reserved.