血液型診断は嘘?本当?

あなたは「A型はキレイ好き」、「O型はおおらか」といった「血液型診断」を信じていますか?血液が診断は古くから日本で馴染まれていますが、世界ではあまり認知されていません。血液型診断は嘘か、あるいは本当か、その真相に迫ります。

血液型診断は「オカルト」か?

まず最初に、血液型診断を本気で信じているのは「日本だけ」と言われています。欧米では「馬鹿げている」と真っ向から否定している科学者も少なくありません。国内にも否定的な科学者が多く、一種の「オカルト」として扱われています。

そもそも、なぜ科学者達は血液型診断を信じないのでしょうか。その答えは至ってシンプル、科学者は「数字以外を信じない」からです。血液型診断を実証するためには、各血液型の「統計」を取る必要があります。A型は本当に几帳面なのか、B型は自分勝手なのか、科学的に証明するために、大勢の人から統計を取るのです。

実際に統計を取った結果、確かに当てはまる要素は多いものの、「性格は人それぞれ」であり、「血液型と性格はリンクしない」ということがわかりました。数字がそう言っているのですが、それ以上の答えはありません。数字が全てである科学の世界では、血液型診断は「嘘」だと結論づけられています。

血液型診断は「判断材料」になる

科学者達が血液型診断を真っ向から否定しても、私達がそれを真に受ける必要はありません。確かに科学的根拠はないかもしれませんが、「血液型のイメージと性格はリンクしやすい」ことは間違いありません。

例えば、「AB型は二面性を持つ」というイメージがありますが、実際に二面性を持っているAB型は「多い」のです。割合として少ないので、科学的に証明するためにはデータ不足ですが、統計を取ってみると、二面性を持っている人は確かに多かったのです。

同じく、「O型はずぼら」というイメージがありますが、統計を見ると「ずぼらな人が多い」こともわかっています。科学では証明できなかった血液型診断ですが、相手の性格を見極める「判断材料」になるのではないでしょうか。

合コンで出会った女性に血液型を聞いてみましょう。「A型」だった場合、彼女は「キレイ好き」で「几帳面」な確率が高いです。あくまで確率が高いだけですが、相手の人物象を読み取る判断材料になるのは間違いありません。「俺もキレイ好きだから相性良さそうだ」といった具合に、参考程度に留めておきましょう。

日本では「占い」と共に、古くから親しまれている血液型診断。科学的には証明されていないものの、あながち間違いではないのです。血液型だけで相手の人物象を完全に決めつけるのは良くありませんが、相手の性格を見決める判断材料になるのです。

Copyright© 血液型でわかる彼女とのセックスの相性 All Rights Reserved.