血液型性格診断、当たらなくても役に立つ?

血液型と性格に何らかの関係があるかどうかは、賛否両論あります。信じる人は「よく当たると思う」と言いますが、信じない人たちは、「誰にでも当てはまるような曖昧な言い方でごまかしているだけ」といった反論をするなど、両者の溝はなかなか埋まらないもののようです。

血液型性格診断が当たる理由とは?

占いの多くに用いられている「バーナム効果」というテクニックがあります。これは、曖昧で一般的、誰にでも当てはまるような言い方で性格を並べると、「良く当たっている」と誤解してしまうという手法となります。 例えば、「好きなことには一生懸命打ち込むタイプ」などという書き方をすれば、ほとんどの人に当てはまることですので、「この占いは当たっている」と誤解するわけです。

これに加えて、例えばA型の人であれば「几帳面」と言われ続けるうちに、本当に几帳面な性格になっていくといった心理誘導も起こります。これを「予言の自己成就」と言いますが、日本では長年、血液型性格診断がまことしやかに言われ続けたため、その占い結果に国民の方が合わせているといった状況が起こっているのではないかと考えられます。

このようなことから、血液型別性格診断は当たっている、といった根強い意見が消えないものと思われます。

コミュニケーションのツールには最適

一時期、この血液型別性格診断がブラッドハラスメントを招き、特にB型の人にとっては、「わがまま、身勝手な性格」として就職にさえ不利に働くようになったり、恋人ができないなどの状況を招いたこともありました。

これは最悪のケースですが、本来、上手に活用すればこの「血液型別性格診断」は、良いコミュニケーションツールともなります。

例えば、初対面の人と会話をするときなど、なかなかコミュニケーションを取るのが難しいものですが、この血液型別性格診断を上手に使えば良好な関係を築くのにも有効です。

血液型は4つの分類しかないため、区分ごとの性格を覚えるのに苦労することはほとんどありません。これは、星座占いの12区分、気学占いの9区分などとの大きな違いとなり、共通言語として非常に有効です。

また、どの血液型にも長所、短所があり、相手がどの区分だとしても「褒める」ことができるものとなっています。
例えば、悪名高いB型ですが、わかまま、自己中心的などという欠点だけでなく、好きなことに対する驚異的な集中力があり、発想も型破りで天才的なため、その道のカリスマとなる可能性が高いといった点で、褒めることもできます。

ですので、「B型の人って、好きなことにはスゴい努力家で、その道を究めるカリスマとか天才が多いそうですね、良くモテるとも言われますよね、羨ましいです」などといった褒め方ができます。 上手に褒められれば、誰しも悪い気はしないものですので、和やかなコミュニケーションにつながることでしょう。

性格診断が当たっているかどうかは、いまだ結論も出ていないようです。
この性格診断に縛られすぎて、付き合う人まで限定するようになれば少し息苦しいですが、上手に利用することで楽しいコミュニケーションが図れるのであれば、それなりに意味のあるツールとも言えるのではないでしょうか。

Copyright© 血液型でわかる彼女とのセックスの相性 All Rights Reserved.